スパム運営されていたサイトだったら

前の所有者の情報を引き継ぐことができる中古ドメインでは、被リンクなどの有益な情報を引き継ぐこともできます。
こういった有益な情報を引き継ぐことができれば、サイトの運営を有利な状態からスタートすることができます。
そのために、値段が付けられてやり取りをされることもある中古ドメインですが、良いことばかりではありません。
中には、引き継いでしまうことによってデメリットになってしまうようなドメインもあるのです。

スパム運営されていた悪質なサイトの場合

中古ドメインであれば何でもいいというわけではなく、その中身を選定しながら利用を考えなければなりません。
例えば、そのドメインを使って運営されていたサイトそのものが、悪質な運営がされていたところかもしれません。
スパム行為を行っていたりなど、悪質な行為が目につくサイトの場合、その情報もそのまま引き継いでしまうこともあります。
グーグルでは、そのサイトがスパムであるかどうかという判定を行っていますので、そこで判定がなされている場合には、スパム運営のサイトという評価も受け継いでしまうことにもなります。
もし、そういった判定がなされてしまったとしたら、そこからいくらコンテンツを増やしたとしてもまったく意味はありません。
グーグルからのスパムという判定が消えるまでは、一切上位表示などはできなくなってしまうのです。
取得をする前に、そのドメインのことをしっかりと調べておかなければ、あとから不利な情報が判明してしまうことになるかもしれません。
グーグルに申請をすることで、スパムの判定を取り消しにしてもらうこともできますが、それならば最初から悪質なドメインを取らないように気を付けるべきでしょう。


ブラックリストかどうかを調べる

こういったような、グーグルによって判断された悪質なサイトのリストは、いわゆるブラックリストといわれています。
自分でドメインを探す際にも、そのドメインがかつて悪質な運営をされていてスパムとして認定されていることがないか、事前に調べておく必要があるでしょう。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP